教育目標

大学院医学系研究科看護学専攻博士前期課程では、本学の使命のもと、高度な知識と技術をもつ専門家を養成し、教育?研究?実践の場で高度な専門性とリーダーシップを発揮し、看護学の発展と人々の健康の向上に寄与することができる次のような能力を備えた人材育成を目指しています。

深い学識と倫理観

高度の研究能力及びその基礎となる豊かな教養と深い知性、確固たる倫理観を基盤にした人間性を涵養する。

高度な専門性とリーダーシップ

保健?医療?福祉の専門職との協働において、看護専門職としての意思決定と主体的行動が執れるとともに、さまざまな状況においてリーダーシップを発揮する能力を養う。

独創性と国際性

看護上の問題発見力?論理的思考力を発揮し、主体的かつ独創的に研究活動を推進するとともに、国際的?学際的に活躍する能力を養う。

社会への貢献

複雑で多様な人々の健康問題に柔軟に対応し、看護学の発展と人々の健康に貢献できる看護専門職を育成する。

カリキュラムの特徴

3つのコース

大学院医学系研究科看護学専攻博士前期課程では、研究コース?高度実践コース?看護管理コースの3コースを設けています。研究コースは研究者の養成を目的とした2つの研究部門があり、高度実践コースは高度で先進的看護ケアサービスを支える確かな専門知識と看護技術をもつ、優れた看護ケアの専門家の養成を目的とした2つの領域があります。また、看護管理コースは質の高い組織的看護サービスの発展に寄与することを目指した1つの研究領域があります。

研究コースの各専攻領域

看護学専攻博士前期課程(研究コース)には2つの研究部門があります。それぞれの研究部門には以下に示すように専攻する研究分野に則した研究領域があります。

生涯発達看護実践科学部門

「生涯発達看護実践科学」とは、多様な健康課題を抱える対象者を生涯発達する人として捉え、科学的研究手法に基づく提言により切れ目ない看護実践の確立を目指し、一人ひとりの生涯にわたる最善の健康?療養支援のあり方を探求する看護学と定義します。
看護の対象者を生涯発達する人として捉える意味を理解し、切れ目ない看護を展開する生涯発達看護実践科学部門は、人々にとって最善の健康状態を実現するための看護のあり方を示すことができる人材を育成することを目標とし、対象が有する健康課題から病態を理解し必要な看護ケアに関する知見を蓄積した後、広く社会への還元ができることを目指します。すなわちエビデンスの実践応用として位置付けられる「研究者から臨床家へ」「臨床家から対象者へ」の過程に対応可能な研究者の育成を実現していきます。

?ウイメンズヘルス看護学領域

?チャイルドヘルス看護学領域

?NCD看護学領域

?フレイルケア看護学領域

?看護病態管理学1領域

?看護病態管理学2領域

?

ケアシステム看護科学部門

「ケアシステム看護科学」とは、看護の対象者である個人の健康を環境との相互作用を含めて理解し、健康課題の解決に向けて科学的な手法を用いることにより、コミュニティケアと看護管理の視点から、持続可能なケアシステムの創成を探究する看護学と定義します。
ケアシステム看護科学部門は、病院、施設、地域の垣根を越えて、人々が生活を営む場の特性に応じたケアシステムの在り方を示し、広く社会に発信できることを目指しています。健康課題の解決に向けて、住民、保健?医療?福祉専門職、行政などの地域社会を構成する多様な人々と協働してケアシステムの創成を探究し、その成果を社会へ実装できる研究者の育成を実現していきます。

?基盤医科学領域

?基盤看護学領域

?ヘルスプロモーション看護学領域

?訪問看護学領域

?精神保健看護学領域

?

高度実践コースの各専攻領域

看護学専攻博士前期課程(高度実践コース)には2つの研究領域があります。それぞれの研究領域には以下に示すように専攻する研究分野に則した研究部門があります。

専門看護師領域

専門看護師は、看護師として5年以上の実践経験をもち、看護系の大学院で修士課程を修了して必要な単位を取得した後に、専門看護師認定審査に合格することで取得できる資格です。
母性CNS部門では、「母子および家族への支援のほか、女性ならではのライフサイクルや健康への援助を含む質の高い看護ケアを提供する」という、母性看護学が目指す理念を実現化する教育を行い、周産期?ウィメンズヘルス分野で高度な看護実践を担える人材の育成を実現します。

?母性CNS部門

特定行為領域

特定行為領域は、看護の様々な実践領域での特定行為を担い得る卓越した知識と技術を有する高度実践看護師を育成し、その役割モデルを示すことで、実践領域における看護の専門性向上と臨床看護の発展に寄与することを目指す領域です。看護学専攻博士前期課程在学中に厚生労働省認可の特定行為研修が受講でき、最短2年で修士の学位と特定行為研修を修了することができます。

?特定行為実践部門

?周麻酔期看護実践部門

?

看護管理コースの各専攻領域

看護学専攻博士前期課程(看護管理コース)には1つの研究領域があります。この研究領域には以下に示すように専攻する研究分野に則した1つの研究部門があります。

看護管理領域

看護管理領域は、保健医療福祉を取り巻く環境の変化に対応できる幅広い知識をもち、看護管理能力や リーダーシップ能力、看護職の指導的能力及び倫理観を備えた看護管理実践者を育成し、質の高い組織的看護サービスの発展に寄与することを目指す領域です。

?看護管理実践部門

?

自由に選択できる多様な授業科目

研究コースにおいては、各自の研究テーマに合わせて、全領域の共通分野の授業科目と各研究領域の講義科目より、研究領域を越えて自由に選択することができます。

きめ細やかな研究指導

修士論文の作成に関連して、専攻の領域を越えたきめ細やかな指導が受けられるよう配慮し、中間発表の場を設けています。

教育方法の特例

大学院設置基準第14条「教育方法の特例」を適用し、有職者が離職することなく修学し、教育?研究指導を受けることが可能になるよう、昼間だけでなく夜間その他特定の時間又は時期に講義?研究指導を行うよう配慮しています。

長期履修制度の導入

職業を有している等の事情により、修業年限(2年)を超えて一定の期間(3年)にわたり計画的に教育課程を履修し修了することを願い出たときは、審査によりこれを認めることができる制度を設けており、入学時又は第1学年在学中の定められた時期に申請することができます。

大学院医学系研究科看護学専攻博士前期課程の三つのポリシー(方針)

中国足球彩票では、その中国足球彩票に基づき、育成するべき人材像を明確化し、それに必要な教育課程を編成し、体系的?組織的に教育を行うとともに、その教育を受けるに相応しい学生を入学者として選抜することにより、その使命を果たします。

大学院医学系研究科看護学専攻博士前期課程における、課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ?ポリシー)、教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム?ポリシー)及び入学者の受入れに関する方針(アドミッション?ポリシー)を以下に示します。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ?ポリシー)

大学院医学系研究科修士課程においては、教育目標に定める人材を育成するため、所定の期間在学し、必要な単位を修得のうえ、審査及び試験に合格し、次のとおり優れた知識と能力を身につけている学生に学位(看護学専攻:修士(看護学))を授与します。
看護学の発展と人々の健康の向上に寄与するための科学的知見の生成と専門的見地から社会に顕在?潜在するニーズの発見や課題解決ができる次のような能力を備えた人材育成を目指しています。

  1.看護学における科学的思考と知的誠実さに基づき学術的妥当性を吟味した研究計画を立案し遂行することができる。
  2. ? 研究や看護実践において人権を尊重し権利の擁護のために倫理的問題の解決に取り組むことができる。
  3. ? 研究や看護実践における課題を見出し、専門的思考に基づき問題解決に向けて取り組む能力を有する。
    さらに、リーダーシップを発揮しながら多職種と協働することができる。
  4 . ? 自らの専門性と看護専門分野の知見を応用し、あらゆるライフサイクルにある看護の対象者への健康課題解決のための革新的方法の開発と知見生成を創造的かつ意欲的に取り組むことができる。?
  5.専門性のある学問分野としての看護学を国際的視野を持って理解することができる。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム?ポリシー)

大学院医学系研究科看護学専攻博士前期課程では、以下のとおりカリキュラム?ポリシーを定めています。論理的思考力、高度な専門性、医療人としての確固たる倫理観が持てるような教育システムを設けています。

1.教育課程の編成の方針

 外国語を含む看護研究方法論を体系的な枠組みとし、共通科目と専門科目を位置づけている。専門科目に関しては、講義と演習を組み合わせ、能動的な学修の機会を設定し、専門的知識のみならず倫理観、実践能力および国際的視野を養成する。

2.教育課程における教育?学修方法に関する方針

 (1)1専攻3コース(研究コース、看護管理コース、高度実践コース)を設け、副指導教員体制、中間発表の機会による横断的な指導体制とする。
 (2)共通科目と領域別科目をおき、高度な専門性と論理的思考に基づく課題発見力と問題解決能力を養う。
     ①看護学研究者として必要な基礎的知識と研究遂行能力、研究の倫理性について、2コースの共通科目をとおして養う。
     ②領域別科目では、各専門領域の専門的知識と研究実践能力もしくは高度実践能力を養う。
 (3)上記に加えて、コースの特徴に合わせた科目を設ける。
     ①研究コースでは、さまざまな研究課題に応じた最先端の研究方法や国内外の知見を教授し、看護学の発展に寄与しうる
      課題に関する特別研究をとおして看護学を教授することにより、創造的かつ自立した研究遂行能力を養う。
     ②看護管理コース、高度実践コースでは、各専門領域に特化した高度な看護実践力を身につけるため、課題研究及び演習や実習をとおして、
      臨床看護実践に おける複雑な課題に対して科学的エビデンスに基づく高度な実践力を養う。

3.学修成果の評価の方針

 学修の成果は、シラバスに記載された学修目標を、課題レポート、資料作成、プレゼンテーション、演習や実習への参加状況等で科目の特性、授業形式を踏まえて多面的な評価方法によって客観的に評価する。学位論文の審査は、透明性?厳格性を確保するために公開にて行い、知識?能力?発展性について評価する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション?ポリシー)

求める学生像

本学の理念に基づき、深い学識と確固たる倫理観を備えかつ科学的思考に依拠して行動できる看護職の育成を目指し、教育?研究?実践の場においてリーダーシップを発揮し、活躍できることを目標としています。看護学を修める医療人として必要な学識?能力?技能を修得する素養を持ち、看護学の修得に真摯に、また熱意を持って取り組む、次のような人材を求めています。

1.看護学の専門知識と理論?実践力を修得することに努力を惜しまない者(主体性)
2.社会人としての常識を持ち、社会的責任を認識している者(社会人基礎力)
3.看護学の探究に意欲があり、学生や教員、多様な専門職者及び地域の人々と協力して学修を進められる者(コミュニケーション力、表現力)
4.看護学に関する基本的な知識と教養を有し、さらに発展的思考の獲得に努力を惜しまない者(専門職者としての基礎学力、思考力)
5.知的好奇心を有する者(主体性)

入学者選抜の基本方針

 研究コース
 1.各専門分野の基礎知識と思考能力を問う「専門科目」試験を実施する。
 2.科学的研究の遂行に必要な語学力を測る「外国語(英語)」の筆記試験を実施する。
 3.研究意欲や倫理観等、研究者としての資質や適性を確認する「面接」を実施する。
 看護管理コース、高度実践コース
 1.各専門分野の基礎知識と思考能力を問う「専門科目」試験を実施する。
 2. 志望する分野での研究課題等についての基礎的知識や研究意欲等を測るための
   「口述試験」を課す。